成杜塾 ~投資家養成サロン~ シストレで年間利益1億円

仕事・家事・趣味などで忙しい方でも安心・安全に投資を学び資産運用(副業)できます。会員継続率も高く、勝率は8割・PFは2.0を超えています。

名古屋ドル紙幣ばら撒き事件から今日で15年

懐かしいですね。
自分もトレーダーだったのでよく覚えています。
あれからもう15年もたちます。(2003/12/23)


・2003年12月23日に名古屋テレビ塔からデイトレーダー(当時26歳)が大量のドル紙幣を撒き散らした。
・あしぎん株を1円と5円の時に約600万株を購入し、15円の時に売り抜けることで7000万 - 8000万円ほど儲けた。
・「株で大儲けした。クリスマスだから皆に還元したかった」と語った。
・「ドルは本来もっと価値が低いのに、政府・日銀が円売り・ドル買の為替介入を行なっていることに腹が立った」
・旧紙幣である理由は「現行の紙幣をばら撒くと、奪い合いになり混乱するから」
・東京の国立大学を卒業して都市銀行に就職するも、半年で退職。
・実家で公認会計士の勉強を続ける間に企業の財務諸表に詳しくなった。



先日、同じようなことが香港で起きました。(2018/12/15)
・24歳の実業家がビルの屋上から大量の紙幣をばらまき逮捕された。
・総額は20万香港ドル(およそ290万円)
・この男は仮想通貨ビジネスで財をなした実業家で、SNSに「金持ちから富を奪い貧しい人を救う」などと書き込んでいた
・「住民への一足早いクリスマスプレゼント」などと伝えていた。
・これまでに回収された金額はばらまかれた総額の3%ほどにとどまっている。












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。